エタノールはワキガに効くのか?

エタノール

エタノールがワキガに効くのでは?と言われていますが、実際はどうなのでしょうか?

エタノールと言えば、殺菌、消毒をする際に使う消毒液ですよね。
通常は、食器や、台所用品の殺菌に使われます。

その エタノールがなぜワキガに効くのでしょうか?

それは汗の臭いの元が雑菌の繁殖による事が原因だからです。

通常の汗は、あまり臭いはありませんが、汗が皮脂に混じって、雑菌が繁殖する事で臭いが発生するのです。

ワキガの場合も、同じように雑菌が繁殖する事で、さらに臭いが強くなります。
なので、汗が出た部分を エタノールで拭く事で、臭いを軽減できる場合があるのです。

しかし、ワキガの場合は、通常の汗とは違い、アポクリン線から出る汗に元々臭いが混じっているので、完全に臭いをなくす事はできません。

軽度のワキガに人なら、効果があるかもしれませんが、臭いの強いワキガの人には気休め程度の効果しかないでしょう。

エタノールはあくまでも、皮膚の上を殺菌するだけなので、ワキガ自体に効果があるという訳ではないのです。

エタノールの使い方は?

もし、ワキガ対策で エタノールを使う際には、手に使うものよりも薄くしたもので、試す事をおすすめします。

ティッシュなどにつけて、あまりゴシゴシこすって皮膚を傷つけないように気をつけて下さい。

エタノールの殺菌効果は3時間ほどと言われていますから、効果の持続時間は短いと言えます。

ワキガにエタノールを使って副作用はあるのか?

エタノールを消毒液として、手につける事はありますよね。

手は。体の中でも、比較的皮膚が厚いので、肌の弱い人以外なら、つけても問題はないでしょう。

しかし、頻繁につける場合は、やはり肌への負担は大きくなります。
赤くなったり、かぶれたりする場合があるので、あまりおすすめしません。

脇の場合も同じです。

試しに使ってみる、非常時に使ってみる、くらいなら問題ないと思いますが、長期間繰り返し使うのは、皮膚に負担がかかるのでおすすめしません。

肌が荒れるなどのリスクがあるわりに、効果はあまり期待できないでしょう。

やはり、肌への負担を考えると、ワキガ専用の消臭クリームを使うのがお勧めです。

エタノールよりも、安全に、しかも効果的にワキガの臭いを消す方法があります。

多くのワキガで悩む人に選ばれている「クリアネオ」というクリームがあります。

このクリームは、制汗作用があるので、ワキガの臭いの元である汗を抑えてくれるのです。
一度塗るだけで、長時間汗を抑えて、ワキガの臭いが気にならなくなります。

さらに、殺菌効果も高いのに、肌に優しいので、敏感肌の人にもお勧めです。